カテゴリ:芸 (Art)( 16 )
一眼レフ
一眼レフデジカメを買いました。EOS 450D(日本ではKiss X2)。友人Yさんに一眼レフで撮って頂いた写真を見て全然違うと感動して、夫君に相談した所、子育て1年間頑張りました記念に買っても良いとお許しが!意外な反応に驚きましたが、単に自分も新しい自転車が欲しいので交換条件らしいです。もう一台置く場所がどこにあるのかしら?
実はお誕生日第二弾からは新しいカメラで撮っているのでした。違いわかるかしら?
f0000716_6583645.jpg

Holland Parkにて。最近お天気が良くて気持よいです。ゴム引きの遊具がある所でハイハイ&つかまり立ちをしています。なかなか歩き出さないものですね・・・。伝い歩き歴3ヶ月です。
f0000716_6572966.jpg

後ろのぼけ具合が一眼レフ効果ですね。カメラを構えているとドンドンこちらに近づいてくるのでなかなか難しいです。
f0000716_659596.jpg

ポートベローマーケットの近くで肩に犬をのせたおじさんがいました。
[PR]
by iguigu726 | 2009-03-23 08:17 | 芸 (Art)
Lion King
妊婦の時に見ておこうシリーズで、念願のミュージカル"Lion King"に行ってきました。
平日昼間のマチネに行ったのですが、学校がお休み前だったせいか、すごい人数の子供達が団体で見に来ていて、うるさいこと!!先生はほとんど注意しないし、席でお菓子は食べながら、始まってからもおしゃべりしたりと、ちょっと残念でした。

f0000716_8541860.jpg

(HPより)
ミュージカル自体は衣装?(動物の扮装)や舞台が凝っていて、面白かったです。アフリカっぽい音楽も良かったなあ。お話もわかりやすかったので、子供でも楽しめそうでした。
[PR]
by iguigu726 | 2008-02-22 09:05 | 芸 (Art)
バレエ(Royal Ballet)
クリスマスが舞台のくるみ割り人形は毎年クリスマスから年初に上演される演目の様です。特にロイヤルバレエでは日本人のプリマ吉田都さん(私の高校の先輩でした!)の金平糖の精が有名ですが、今回はそのチケットは売り切れだったので、日本人の佐々木陽平さんが王子を演じる回を見ました。他にも数人日本人のダンサーがいて皆さん素敵で鼻が高かったです。

f0000716_5435050.jpg

(HP:Ballet.coより)

以前オペラを見に行ったRoyal Opera Houseはやはりゴージャスで、夜の回だった事もあり、ドレスアップしている人たちが幕間にシャンパンを飲んでいたりして素敵でした。私は妊婦だったのでお酒が飲めず残念でした・・・。

バレエに詳しい友人によると、National Balletに比べRoyal Balletは予算が桁違いで、衣装や舞台が豪華とのこと。言われてみると演目は違いましたが、クリスマスツリーも巨大だったし、衣装もキラキラしていました。

くるみ割り人形も有名な曲が沢山あり、学芸会の様に色々な踊りが披露されて飽きずに楽しめました。またバレエ見に行きたいけど、行けるかな・・・。
[PR]
by iguigu726 | 2008-02-13 05:59 | 芸 (Art)
バレエ(English National Ballet)
お子が産まれたら行けなくなると思い、バレエを見に行ってきました。
English National Balletの白鳥の湖(Swan Lake)です。日本で友達の発表会を見に行った事がある位で、初めてプロのバレエを体験したのですが、言葉がない分英語が苦手な私にはミュージカルやオペラより楽しかったです。衣装はきれいだし、でもやっぱり女性向きかしら?

特に有名な作品でしたので、聞いた事がある楽曲も多く、チャイコフスキーの曲はドラマチックですし、白鳥達の群舞も美しく、わかりやすかったです。
f0000716_8383968.jpg

       (National Ballet HPより)

4階席で£15(約3200円)とお安い席でしたが、結構よく見えてお得でした。ただ最後に白鳥が舞台の奥へ飛んで行く場面は見られず、ちょっと笑ってしまいました。
でもバレエもっと早くから色々見ていれば良かったなあ。

National Balletより有名なRoyal Balletのくるみ割り人形も見に行ったので、またここに載せますね。
[PR]
by iguigu726 | 2008-01-26 08:43 | 芸 (Art)
Geffrye Museum
もう1ヶ月近く経ってしまいましたが、Geffrye Musiumに行ってきました。Liverpool Streetの駅からバスで10分位のところにあるインテリアの美術館です。
f0000716_0144432.jpg

元々養老院だった建物を美術館にしていて、広い前庭には大きな木が沢山あり、天気にも恵まれ本当に気持ちが良かったです。

1600年代から現在までのイギリス中流家庭のリビングルームが年代毎に展示されていて、なかなか面白かったです。特に女性は好きだと思います。イギリスでの暮らしは数百年間それ程変化がない様で、日本とは違うなあと実感しました。

Mid Centuryの展示は我が家のフラットそっくりで、1960年代に建てられた時から内装は全く変わっていないのがわかりおかしかったです。
[PR]
by iguigu726 | 2007-10-18 00:23 | 芸 (Art)
カルトナージュ4
ちょっと前に我が家で友人とカルトナージュをしました。私は久しぶりに写真立てを作ったのですが、すっかり作り方を忘れていてみんなに確認ながら制作。今回は途中で縦型を横置き2つに変更しました。
Tちゃんは小さな箱を作成。細かい仕事がなかなか大変そうでしたが、きれいに仕上がっていました。他の3人は写真立てです。
f0000716_16482593.jpg

左:Kちゃん、真ん中:Mさん、右:私、手前:Tちゃん
またまたストライプで苦労しましたが、結構満足なできばえ。弟のお嫁さんにプレゼントしました。
f0000716_16484734.jpg

今回はみんながランチやお菓子を持参してくれてお腹も満足な一日でした。
[PR]
by iguigu726 | 2007-08-30 16:48 | 芸 (Art)
カルトナージュ 3
一時帰国前に習ったカルトナージュをアップしていなかったので、1ヶ月遅れですが載せてみました。今回私が作ったのは左奥のペーパーナプキンケース。ストライプを合わせるのが大変でした・・・。下手っぴなくせに難易度の高い布を選んで苦労してしまいました。(左手前がB先生、右手前がTちゃんの作品です。)
f0000716_3332349.jpg

右奥のAりんの作ったリボン付き小物入れも真ん中に綿が入ってかわいかったです。

そしてまたまた教えて下さったBさんが和菓子教室で作られた和菓子をお相伴に預かりました。やっぱり和菓子と緑茶っておいしいです・・・。本当にお店で買った様でびっくり。貴重な物を頂いてありがとうございました。
f0000716_336955.jpg


私たちの先生であるBさんは8月初旬に帰国されてしまい今回が最後の教室になってしまいました・・。大変お世話になりました〜!いつか日本でお会い出来たら良いなあ。
残された私たちで頑張ってカルトナージュ続けています。その様子はまたブログに載せますね!
[PR]
by iguigu726 | 2007-08-15 03:38 | 芸 (Art)
カルトナージュ 2
カルトナージュのティッシュボックスをお友達のバムセさんに教えて頂きました。前回とは違うメンバーでTちゃんAりんも一緒でした。二人は私が前回作った写真立てです。

ティッシュボックスは複雑で時間内に終わるか不安だったにも関わらず、違う紙を買って行ってしまったり、蓋がずれてしまったりと、ハプニングはありましたが、何とか作り終える事が出来て、良かったです。細かい所は雑な部分も沢山ありますが、OKでしょー!
f0000716_2253448.jpg

  (左:Tちゃん、右:Aりん、前:私)
そして、お茶にはバムセさんお手製の梅酒ゼリー。和菓子教室で作られたそうです。爽やかな初夏らしいお味でした。中に銀杏型に切られた羊羹が浮いていて涼しげでした。パッケージもお店みたいですよね〜!
f0000716_064795.jpg

次回は6月。今度は何を作ろうかしら?土曜日にストライプの新しい生地も買ってしまったし、自分でも作ってみなくては!結構工作みたいで楽しいんですよ〜!
[PR]
by iguigu726 | 2007-05-21 22:09 | 芸 (Art)
カルトナージュ(写真立て)
お友達のバムセさんにカルトナージュの写真立て作りを教えて頂きました。

手先が不器用な私に出来るかなあと不安だったのですが、紙や布を切ってボンドで貼付けるという作業なので、工作の様で楽しかったです。でも細部はやはり大雑把な性格が出てしまいきれいにいかない部分もあったのですが、私的には大満足な仕上がりでした!
f0000716_2223035.jpg

真ん中が私が作った物です。残りの二つは一緒に習った方の物。みんなきれいに出来ていますね!

作り終わった後は手作りパンやドイツのお菓子でお茶を頂きました。お腹もいっぱいになって色々おしゃべりもして楽しい午後でした。

f0000716_237596.jpgf0000716_237253.jpg
[PR]
by iguigu726 | 2007-04-25 02:37 | 芸 (Art)
THE BEE (野田秀樹 舞台)
野田秀樹さんの舞台”The Bee"をSoho Theatreに見に行きました。
ちょっと怖いお話でしたが、200人位の小さい劇場で本当に目の前で演じられて、惹き込まれてしまい、あっと言う間の70分でした。観客は日本人と現地の方と半々位だったでしょうか。満席でした。
f0000716_16265433.jpg

野田さん+英国人3人による英語のお芝居です。英語に自信がないので、心配していましたが動きも多く、日本語の音楽も流れたり、登場人物の名前も日本名でわかりやすかったです。

筒井康隆さんの短編”むしりあい”を原作にしているそうです。
脱走した囚人がある家に立てこもり、妻と子供を人質に取られたその家の主(日本人ビジネスマン)はメディアに振る舞わされ、怒り、反対に囚人の妻と子供を人質に取ってしまい・・・という内容でした。
f0000716_1645562.jpg

日本人ビジネスマンを英国人女性が、囚人の妻役を野田さんが演じていました。結構グロテスクな場面があったので、リアルになり過ぎない様に男女逆にしたそうです。舞台だと目の前で演じられるので生々しいですよね。

前半動きが多く、笑いも多かったので、軽いお話かと思いきや、後半は動きも遅くなり、同じ場面が繰り返されるうちにどんどんエスカレートして行き、本当に”むしりあい”になっていきました。割り箸の折れる音に身震いしてしまいました。

舞台がマジックミラー(?)で前後に仕切られていて、後ろはライトを消すと見えず、点けると透けて見えて、立てこもった家と外界とを表していておもしろかったです。
[PR]
by iguigu726 | 2006-07-13 17:01 | 芸 (Art)