カテゴリ:働(Work)( 10 )
稼ぎました!
実は今月からお花の学校でアシスタントとして働き始めました。初めてイギリスでお金を稼ぐ事ができました。(今まで働いていたチャリティーショップはボランティアだったので)

以前ブログに書いたお花の市場で知り合った先生の所です。
日本人の生徒さんが多いので、日本人スタッフが必要らしく、お花も英語も未熟な私が働く事になりました。仕事はお花の入ったバケツを運んだり、お水を換えたりと結構重労働も多いのですが、お花のレッスンを見学出来るし、お花の名前も覚えられるし、とても勉強になります。本来先生の説明を日本人の生徒さんに通訳しなくてはならないのですが、私の英語力が追いつかず、あまり役に立たずに心苦しく思っています。
f0000716_345462.jpg

オレンジバラ:Radio, 赤い花:Nutan, 赤い実:Red Hypericum, 黄小花:Bupleurum

ただ明後日から今月末まで日本に一時帰国するので、もう役に立たないから来なくて良いと言われるかと思いきや、また行けそうな雰囲気です。せっかく得たチャンスなので帰って来たらもっと頑張らないと!
[PR]
by iguigu726 | 2007-07-10 03:49 | 働(Work)
Oxfam Travel Wallets
今日から私の働くOxfamでOyster card caseを売り出しました。→ 詳細 (Oyster Cardは日本のスイカの様なトラベルカードです。)

先月末にマスコミに発表していたのに、品物が今日まで入荷せず、何度も「いつ入るの?」と聞かれて、評判は上々の様です。
デザインも色々あって、なかなか良いアイディアだと思います。

今まで買った時に付いて来た青いケースでつまらなかったので、夫と私の分を買いました。£4.99/PCで、売り上げの一部は貧困地域に寄付されます。
         
f0000716_1104812.jpg


マイミクのバムセさんお手製のカルトナージュのカードホルダーには全く適いませんが、お手軽でちょっと良いことをした気分になるのはいかが?

Notting Hill GateとWestbourne GroveのOxfamとネットで販売しておりまーす!
[PR]
by iguigu726 | 2007-04-05 01:25 | 働(Work)
Lottery
先週から私の働いているOxfamのマネージャーの提案で、女性6人で毎週35p(約80円)ずつ集めて、週2回£1(約230円)Lottery(宝くじ)を買う事になりました。それぞれ1〜49までの好きな数字を選んでマネージャーがネットで申し込みます。

明日までの申し込み分で、当たれば£4,600,000(約11億円)を6人で山分けです。当たったときの為に契約書も作ろうかと、みんな当たる気満々。一人1億8千万円か〜。
当たったらお店も閉めてみんなでホリデーに行こうね、なんて夢が広がります。当たったらすごいですよね。当選者がいない場合は賞金は次回へ持ち越される様です。

宝くじに興味のある方はこのサイトをご参照下さい。→National Lottery
[PR]
by iguigu726 | 2007-03-31 02:48 | 働(Work)
あんぱんと鍵
ご近所友達のMさんのミクシー日記にアンパンを作ったと載っていたので「おいしそう〜」とコメントしたら、また作ってくれてわざわざ私が働いているOxfamまで持って来てくれました。
f0000716_8144419.jpg

あんこも煮たんですって。甘さ控えめで、パンもふんわりしていて、おいしかった〜。アンパンなんてこちらに来てから食べていないので、本当に嬉しかったです。Mさん、ありがとー!

ところで、いつもOxfamに朝一に行ったときは、近所のクリーニング店に預けている鍵を取りに行ってお店を開けます。その後次の日の為に鍵をまたクリーニング店に返しておかなくてはならないのですが、昨日の朝、開店後にレジの横に置いた鍵がなかったので、誰かが返してくれたんだと思い込んでいたのでした。
今日のボランティアの人が鍵を開けられず、マネージャーから連絡があり、もしかしたら鍵が盗まれているかもとの事・・・。そうだったらどうしようと肝を冷やしました。もう一つの鍵を持っているマネージャーが遅くなったので、開店が1時間も遅れてしまいましたが、鍵はレジの下の引き出しにあり、「ほっ」と一安心。
でもボランティアの人達を待たせてしまったかと思い、謝りに行ったのですが、みんな近所で一旦家に帰っていたから大丈夫よ〜、とあまり気にしていない様子だったので、良かったです。次から気をつけないと・・・。
[PR]
by iguigu726 | 2007-03-23 08:10 | 働(Work)
Telephone
今年も2日からチャリティーショップで働き始めました。もちろんボランティアです。10日以上休んでいたので、また英語が後退しています。
以前からお店でもおミソ状態。悲しい物です。まあそれはそれで気楽なのですが。

ところで、お店に来るお客さんには色々な方がいらっしゃいます。

先日もアジア系のおばさんが、お店の隅から電話(固定)を探し出して来て、使えるか確かめたいから、お店の電話のジャックを引っこ抜いて、代わりにそれを繋げといいます。

何とかレジの下にモジュラーを見つけて繋いでみた所、「プー」と音がします。その後おばさんはどこかに電話をかけ始め、「話さないから大丈夫よ」と言い出す始末。

無事それも繋がったらしく、やれやれやっとご購入かと思いきや、「かけられても、かからない場合もあるから、この電話にかけてみて。」ですって。いくら私が親切でもそこまでしてあげる必要はないと断ると、今度は値切り始めました。

£3.99(約960円)を£3.00(約720円)にしてって、£1ってこちらでは100円位の感覚なので、400円を300円にしろってこと。元々安いのに本当に嫌になります。値引き権限は私にはないので、マネージャーに確認後、無事£3.00で買って行きました。

こういう人はもう買わなくても良いのに、と思ってしまいます・・・。
[PR]
by iguigu726 | 2007-01-12 09:43 | 働(Work)
ドイツ放送?
私の働いているOxfamの支店は広報担当になっているのか、先月ヴィクトリア・ベッカムがテレビカメラと共に来店されましたが、今回はドイツの放送局の取材がありました。
f0000716_2019512.jpg

左側のモデルさんがお店の商品を試着しながら、Oxfamを紹介する感じだったのですが、結局3時間以上色々取り続け、その間音楽は止め、私語禁止、客足はぱったりでした。いったい何分の放送だったのかしら?こういうお仕事って華やかそうでやっぱり大変なんだなあと実感。
f0000716_20205910.jpg

スタッフの評判ではやっぱりヴィクトリアの方がきれいよね!とのこと。このモデルさんも180cm以上あるモデル体型でしたけどね。

ちなみに私たちは全く映してもらえずちょっとつまらなかったなあ。でもお客さんの中には顔を隠して少しでも映らない様にしている人もいました。何かやましい事でもあるのかしら・・・。
[PR]
by iguigu726 | 2006-12-07 20:17 | 働(Work)
ビクトリア
ボランティアをしているOxfamに何と一昨日ビクトリア・ベッカムが来たのですって!(サッカー選手のデビット・ベッカムの奥さんです。)

昨日ボランティアに行ったらその話題で持ち切り。マネージャーのルイーズは2ショット写真を撮ってもらって大喜び。「彼女世間の評判は良くないけど、本当はとってもいい人よ〜!」ですって。事前に来店の連絡が来ていた様で、その為にショーウィンドーをデコレーションしたり、(いつもない生花がありました)掃除をしたり、商品を揃えたりと準備は大変だった様です。
こちらの新聞にも掲載されていました。

ネット記事

それで何か寄付してくれたのかなあと思いきや、20ポンド(約4400円)のワンピースをご購入されたそうです。宣伝の為に駆り出されたのかな?セレブも大変ですね!

その後ビクトリアが触った服を買いたいというお客さんまで現れてびっくり。でもその割には昨日は急に寒くなったせいか(手袋が欲しいくらいです!)閑古鳥が鳴いていて、ビクトリア効果はあったのかしら?と疑問に思ってしまいました。
[PR]
by iguigu726 | 2006-11-03 04:32 | 働(Work)
Refund
今日のOxfamはマネージャーがお休みでしたが、ボランティアが午前6人、午後4〜5人と大勢いましたし、お店もヒマだったので、のんびり本など読みながらレジにいました。

ところが夕方一人の黒人男性がやってきて、10月1日(日)に皮のジャケットを買ったが、品物を預けて行って、8日(日)に受け取りに来たが、品物が見つからなかった。マネージャーがいなくてそのまま帰ったが、品物がないなら払い戻し(Refund)してくれ、とのこと。

でも今日もマネージャーはお休み。レジには私とミランダというイギリス人のおばさん。クレジットカードのレシートに、他のボランティアのコメントもあり、どうやら払い戻ししなくてはいけない様です。でもクレジットカードの払い戻し方がわかる人がいません。マネージャーの携帯は繋がらず、この男性は現金で返せと騒ぎ出し、遠くに住んでいるので、無駄足を踏んだ分の交通費までよこせという始末。

何とか近くに住んでいる別のボランティアを呼んで、払い戻しはできましたが、なくなったジャケットの代わりに別のを安く買って持って帰りました。その時もOxfamの袋ではなくて別のショッピングバッグはないのかと何度も聞かれました。買ったジャケットをいったいどこに持って行くつもりなんでしょうね・・・

払い戻しを待っている間に女性用のきれいなブーツの寄付があり、それを見たこの男性は「1ポンドで売ってくれ。どうせただでもらったんだから、いいだろ?」ですって。別のお客にもっと高く売れるからと断りましたが、Oxfamは決してあなたの為のチャリティーショップではないんですけど!と言いたかったです。

あー、疲れた・・・世の中いろんな人がいますね・・・
[PR]
by iguigu726 | 2006-10-12 03:00 | 働(Work)
偽札!
Oxfamでは前日の売り上げを朝銀行へ預けに行きます。昨日は私が頼まれて銀行へ行ったのですが、一昨日受け取ったスコットランド紙幣(20ポンド/約4400円)が偽札だったと発覚!
銀行のお姉さんに紙幣を半分に破られて返されて本当に肝をつぶしました。

よく見るとカラーコピーを貼付けた物で、全然精巧ではないのでした。
一昨日の午後は私とアメリカ人の男の子と二人だったのですが、私はスコットランド紙幣をお店で使える事も忘れていて、彼が受け取った紙幣を見て、見覚えのないお札だなあ位しか感じませんでした。

ショックでお店に帰ってからみんなに話しましたが、長年ボランティアをしているミランダも偽札は初めて見たと言っていました。
マネージャーからはスコットランド紙幣を受け取る時は、彼女に確認を取る様にとお達しが。

他のお店では特殊なペンでお札を確認してから受け取る所もあるので、よくある事なのかなあ。どんな人が使ったのかどうしても思い出せず、二度目がない事を祈るばかりです。
[PR]
by iguigu726 | 2006-10-05 17:25 | 働(Work)
Oxfam
先週の金曜日から近所のOxfamというチャリティーショップでボランティアを始めました。

語学学校に通うだけではイギリス人と接する機会が少ないので、ただで英語の勉強ができるかなあという不純な動機で申し込んでみたら、人手が足りない様ですぐに採用されました。

初日は取りあえず大過なく過ごす事が出来ましたが、久しぶりの肉体(?)労働はとっても疲れました。(ただのレジうちですが・・・)
職業体験の中学生(14歳)と一緒に働いて、何だかとても新鮮でしたよ。

週三日も働く事になってしまって、大丈夫かしら?取りあえず頑張ってみます。

Oxfamの日本語HP

自分も少しは誰かの役に立っているのかなあと思うとちょっと嬉しいです・・・
[PR]
by iguigu726 | 2006-09-26 06:49 | 働(Work)